読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それを妨げているのは、要するに小さな欲でしかない

        • -

 走っている人は風をまきおこす。どちらから風が吹いてくるのかわからなくなる。いつも風に向かって走っているように感じている。天下の風が、そして、自分の人生の風が、どちらから吹いてくるのかをたしかめるには、風見を立ててみなくてはならない。
 走っている風見などあるわけがない。立ち止まって、様子を見る。
 これまでしていたことをやめれば、ヒマはできる。ヒマがないのではない。つくらないのである。本当に時間が必要になったら、未練のあることをやめればいいのである。それを妨げているのは、要するに小さな欲でしかない。


(外山滋比古『人生を愉しむ知的時間術』「Ⅲ 日々片々」213頁、PHP文庫)

        • -


いや〜、寒くなってきましたね。

今日は、風もあったせいか、ハンパなく寒かったです。

それでも、子ども達は“風の子”
元気に走り回ってました。

一緒に鬼ごっこをしたら、温かくなったので、今年の冬の越し方を見出したような気分ですw


季節は確実に変わっていきますね。

今日のように、寒くなっていますが、

よくよくカレンダーを見てみたら、11月も後半。

そりゃ、寒いわけだ!w

もう“秋”じゃなくて“冬”ですね。

なんか、季節に追いついてないです;

心身ともに、“冬”モードでいかないと体調崩します。マジで。

皆さんも風邪をひかれませんように・・・。


それにしても、最近はやることが多く、

充実した日々を送らせてもらってます。

大変ですが;

しかし、家でボーっとしているよりは、100倍、1000倍マシですし、

幸せな人生とはこういうものなんだろうな、と思ってみたりするのです。

おかげで、新しい友人もできました。

自分の人生がより彩り豊かになっていき、間違ってない方向に向かっていることは確かです。

仕事も、プライベートも様々ありますが、すべて自分の人生にとって必要不可欠のものです。

喜怒哀楽。

無駄なものはないです。

なので、一つ一つ大切にしていこうと思います。



ps.
嫌な人も、自分の人生という“舞台”には必要な、大切な役者さんですよ。
そして、同じように、その人にとっては、自分という存在は、“脇役”という大切な役者となります。
みんな、必要な存在。無駄な人は、この世の中にいません。


人生を愉しむ知的時間術―“いそがば回れ”の生き方論 (PHP文庫)

人生を愉しむ知的時間術―“いそがば回れ”の生き方論 (PHP文庫)