読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余命のあるうちに、先帝玄徳からうけた遺託を果たさねばならないと、唯そのことを思うのみだった

        • -

 何ぞ知らん―――人々が楽観して軽躁に勝利を夢みるとき、孔明の心中には、惨たる覚悟が誓われていたのである。彼は決して、成功を期していない、誰よりも魏の強大さを知っている。―――それだけに、我亡き後は誰が蜀朝を保たん、我なくして蜀なし、と信じていた。余命のあるうちに、先帝玄徳からうけた遺託を果たさねばならないと、唯そのことを思うのみだった。


(吉川栄治『三国志(七)』「出師の巻」450頁、講談社)

        • -


三国志』7巻読了しました。

あと1巻!
いよいよラストです。
やっとここまできました;w

7巻の途中、なかなか進まなかったですが(なぜでしょう?w)
孔明孟獲との戦いは、一気に読みました。

孔明孟獲を捕えるが、酒を与えて放してやる。
孟獲は、その恩を知らず、何度も孔明に戦いを挑むが、ことごとく孔明の策略に捕えられる。
このエピソードは有名かもしれませんが、孔明の先見の明はヤバいっす。
最後の最後は、孟獲孔明に心服しましたが、このことを孔明は信じており、捕えてもまた放し、また捕えてはまた放し、と何度も孟獲の戦いを受けて立っていたのだと思います。
敵をも味方につけるというのは、最強ですね。

8巻に突入し、いよいよ孔明も総仕上げの時。

一気に読んでいきたいと思います。

12月になってしまうし、まだまだ読みたい本はたくさんあるので、
仕事や勉強、プライベート等々で忙しい日々を送っておりますが、そんな中でこそ、読書も捗るというものです。


三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39)

三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39)