読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畜生の身である私が悪行による苦悩から逃れられたのは、あなたの法華経のお陰です。その恩に報いましょう

        • -

『今昔物語集』に次のような話がある。
 昔、奈良に竜菀寺という寺があった。いつの間にかこの寺に、人に姿を変えた竜が訪れるようになり、毎日法華経を誦ずる僧と親しくなった。世間にもこのことが知られた。ある年、諸国が大旱魃に見舞われ、人々は大いに苦しんだ。そこで帝は竜菀寺の僧を宮中に呼び、「竜に命じて日照りを解消せよ」と勅命を下した。僧が寺に戻って竜に相談すると、「畜生の身である私が悪行による苦悩から逃れられたのは、あなたの法華経のお陰です。その恩に報いましょう」といった。果たして約束の日激しい雨となり、その後三日三晩降り続いて田畑をうるおした―――。


(高橋千劔破『花鳥風月の日本史』「第九章 動物の日本史」431頁、黙出版)

        • -


明日で、2011年も終わりですね。

来年は辰年。

実はボク、辰年なんです。

2月生まれなんで。

関係ないか。

ということで、今日は洗車、部屋の掃除&模様替えをしました。

随分洗車を怠っていましたので、車がえらいことになっちゃってました;

ダメですね。サボり癖はつけたくありませんね。


そんなこんなで、日付が変わり、いよいよ残り1日となりました。

ふと、去年の大晦日、今年の正月を振り返ってみると、

1年って早いなぁ〜と感じます。

どこかの諺に、
「謂(い)う勿(な)かれ、今日学ばずして来日有りと。謂う勿かれ、今年学ばずして、来年有りと」
というのがありました。

1日1日を大切にし、今日は何を学んだのか、今日は何を習ったのか、今日は何を悟ったのか、何か一つでも掴み取るものを見出していきたい。

いよいよ大学卒業し、進路も決まりつつある中で、

恩に報いる戦いを起こしていこうと思います。

厳しい社会の中で、実証を示すことが何よりの恩返しとなると思います。

「恩人の期待するような人間になれ」
とは、勝海舟の言葉。

来年も竜の如く、上昇、そして常勝の年としていきたいです。



ps,
大晦日はブログ更新できないかもしれません。
皆さん、よいお年を☆

では、また来年!


花鳥風月の日本史

花鳥風月の日本史