読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一誠兆人を感ぜしめ

f:id:mind1118:20120408142526j:image

        • -

 松陰は言う。「僕は毛利家の臣なり。故に日夜毛利に奉公することを練磨するなり、毛利家は天子の臣なり。故に日夜天子に奉公するなり。吾等国主に忠勤するは即ち天子に忠勤するなり」。そして毛利家や幕府に非がある場合は諌主・諌幕のために「一誠兆人を感ぜしめ」ようというのであった。誠を尽くしてそれに感じない者はないというのだ。至誠とは死ぬまで松陰が貫いた態度だった。


(古川薫『吉田松陰 留魂録』「<付>史伝・吉田松陰」181頁、講談社学術文庫)

        • -


明日から本格的に学級指導が始まり、木曜日から平常授業も始まります。

不安感たっぷりですが、それ以上に楽しみです。

授業はまず、子ども達の反応を見ながら進めていこうと思います。なんせ、やってみないことには分からないですから。

今は、

「なんも言えねぇ」


明日、元気な子ども達に会えるのを楽しみにしています。

誠を尽くして。


吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)

吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)