読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男はドンと胸をはれ!!!! by トムさん

f:id:mind1118:20130727210014j:plain

 

-----

 

 カントは極貧の幼年時代・少年時代・学生時代を過ごした。そして、一七四六年、二二歳でケーニヒスベルク大学を卒業した彼には、不安定で貧しい長い長いフリーターの生活が待ち構えていたのである。彼が大学の正教授としてのポストを得たのは、じつに卒業してから二四年後のことであった。

 

中島義道 『カントの人間学』「第四章 虚栄心について」133頁、講談社現代新書、1997年)

 

-----

 

カントの生い立ちも貧しい中、大器晩成であったわけですね。

採用試験も一つの通過点に過ぎず、これしきのことでクヨクヨ考えこんでいては、まだまだだなと思うわけです。

今日、教育関係者の集いがありまして、先生方は大変な中、1学期・夏休みを過ごされているんだなと、感じました。自分はまだまだ頑張れるはずだと言い聞かせ、明日からのエネルギーとした次第です。

同じ教採を受験された方もみえて、試験のことも話題になり、2次へ向けての決意もできました。

自身も一人の教育者としての自覚を常に持って、堂々たる態度を身につけていきたい。「明日から現場で子どもたちを任せられる人材か?!」と常に意識していきたいですね。

弱弱しい姿では、任せられません。「男はドンと胸をはれ!!!!」ってことです。その姿勢が前提となるでしょう。言っている内容とか、少々ズレていても気にしない。

 

 

ps,

花火大会が各地で開催されていますね。

近くで見ると迫力満点。まさに、夜空に咲く大輪の花。

 

 

f:id:mind1118:20130727205321j:plain

 

f:id:mind1118:20130727205354j:plain

 

f:id:mind1118:20130727210018j:plain

 

 

ONE PIECE 37 (ジャンプ・コミックス)

ONE PIECE 37 (ジャンプ・コミックス)

カントの人間学 (講談社現代新書)

カントの人間学 (講談社現代新書)