読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ている間に脳は起きているときと同じ量のエネルギーを消費する

f:id:mind1118:20130801174330j:plain

 

-----

 

 寝ている間に脳は起きているときと同じ量のエネルギーを消費する。つまり意識があるというのは、そのていどのことだともいえる。寝ているのと、さして違わないのである。つまり寝ている間とは、脳がただ「休んでいる」時間ではない。そこではなにか、重要なことが行われているに違いないのである。

 

養老孟司 『まともな人』「まともな人」181-182頁、中公新書、2003年)

 

-----

 

読書していると眠くなる。これはどうしてか、分からない。図書館でも寝ている人を見かける。やっぱり眠くなるのはボクだけじゃないようです。

眠ってしまった時間は無駄か。無駄じゃないかもしれないけど、でも起きているほうが色々とできる。

どうすれば、無益な時間を過ごさずにできるか。(今年度は非常勤講師ということで)夏休みということもあり、自由に使える時間が増えた。

そこで、読書、勉強。でも眠くなる。家だと寝てしまう可能性があるので、図書館へ行くけれども、長い時間座っているのも苦痛。

ということで、2次対策をすることになる。実技試験のピアノ、マット、水泳。そして論作文。

でも、1日中こればっかりはできない。

喫茶店でコーヒーでも飲みながら読書しようか。それにはお金がかかる。コーヒーなら120円(あるいは100円)で飲める。わざわざ喫茶店に行かなくてもよろしい。行かなくてもよろしい、というか、「たまに」でよろしいw

 

自由に使える時間があったとしても、どのように時間を使うか、結構悩むところ。「今、自分はこんなことしていていいのか」という自分への問いかけも浮かんでくる。

子どもたちと学校で遊んだり、授業したりしている方がいいですね。

 

そんな中、従兄弟とその子どもと遊んだ時のこと。

従兄弟とは小さいころから仲良く、従兄弟の子どもと一緒に遊ぶことがあるんですが、最近、次男坊が自転車(まだ補助輪がついている)に乗ることにハマっていて、先日も近くの公園へ自転車に乗って遊びに行きました。

その際、従兄弟の自転車を借りて、自分も乗ってみましたが、これが気持ちいい。久しぶりに自転車に乗ってみると新鮮な気持ちになるんですね。

「これはいい!」と思い、購入を考えました。

今の職場は家から近いし、自転車通勤も可能。運動不足の自分にはもってこいです。

 

ということで、自転車購入。折りたたみの自転車です。ちょこっと乗るだけなので、安い自転車でよろしい。

空いた時間に、近所をこの自転車で散歩し、いい汗をかいていますw

これで、無駄な時間がなくなればいいのですが・・・w

 

 

f:id:mind1118:20130801174932j:plain

 

 

まともな人 (中公新書)

まともな人 (中公新書)