読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの前にある長い褐色の路は、わたしの選ぶどこへでも導いていく

師弟関係・師弟論 音楽 読書 哲学 文化・芸術 独り言

f:id:mind1118:20131113193224j:plain

 

-----

 

 大道の歌

 

 1

 

徒歩で、心も軽く、わたしは大道に魅きつけられる、

健康で、自由、世界はわたしの前にある、

わたしの前にある長い褐色の路は、わたしの選ぶどこへでも導いていく。

これからは、わたしは幸運を求めない、わたしじしんが幸運なのだ、

これからは、わたしは泣言をいわない、ぐずぐずしない、何ひとつ要るものはない、

屋内の不平、書斎、ぶつくさ言う批判には片をつけて、

力強く、満足して、わたしは大道を旅する。

 

大地、それだけで十分だ、

わたしは、星座たちがもっと近くにあればと願わない、

わたしは知っている、それらが今あるところで申しぶんないのを、

わたしは知っている、それらに属するものたちにとって星座たちが充分なものなのを。

 

 

木島始 編 『ホイットマン詩集 アメリカ詩人選(2)』63-65頁、岩波文庫

 

-----

 

 

キーティング先生曰く、

「人が詩を読むのは、それはその人が人類の一員だからであり、人類というのは情熱をみなぎらせた生き物だからだ! 医学や法律や銀行業は、これは生活を維持するのには欠かせないものだ。それでは詩やロマンス、愛や美はいったいなんのためにある? 詩は、われわれ人間の生きる糧だ!」

 

「詩は、われわれ人間の生きる糧だ」

世界桂冠詩人でもある恩師は、いくつもの詩を届けてくれて、激励してくれる。

そこには、生きる挑戦、勝利への執念、後世への期待、幸福への大道が示されている。

 

尊敬するアーティストがいる。彼らとは直接話したことはありませんが、音楽を通して、ボクを励ましてくれる。背中を押してくれる存在です。

彼らの楽曲・詩のなかに、彼らの想いが込められていて、それがCDを手に入れることでボクのもとに届く。

音楽だけでなく、新聞も書籍も映像でも。いろんなものを媒体にして、恩師やアーティストたちは、日本中、世界中の人たちにメッセージを発信している。

それを受けて、ボクには何ができる。

 

 

犬でも恩を返す。

恩を忘れた人間は、畜生だ。

 

 

 

ホイットマン詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)

ホイットマン詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)

 

 

 

いまを生きる (新潮文庫)

いまを生きる (新潮文庫)