読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男児志をたてて郷関を出づ

日記

f:id:mind1118:20140112141333j:plain

 

-----

 

男児志をたてて郷関を出づ

学もし成らずんば死すともかへらず

 

司馬遼太郎竜馬がゆく(1)』「門出の花」24頁、文春文庫)

 

-----

 

これは、竜馬が土佐から江戸へ修行しに行く前、兄の権平が送った詩。

 

ボクが東京の大学へ学びに行く前、兄からこの詩をメールで送ってくれました。

今回は、ボクが友人に送る番になりました。

中学からの友人が、2月から仕事を変えて、東京に引っ越すことになりました。中学時代はバスケ部で共に汗を流し、卒業後も付き合いがあって、おもしろいヤツなんだけど。

本人も相当悩んだだろうし、苦しかったと思うけど、本当に自分のやりたいことに目を向けて、今の職場を離れ、新たな世界に挑戦していく。勇気もいったと思うけど、もう既に一歩踏み出している時点で、勝利だと確信する。

 

夢を持ち続けることに年齢の制限はないし、夢に向かって歩み続ける人こそ「青春時代」を生きる人。若くても「老い」ている人はいる。

「青年」とは、年齢ではなくて、夢に向かって戦っているかどうか。常に自分に挑戦しているかどうか。年齢ではない。

 

永遠の友として、生涯応援する。

 

 

 


シクラメン『とおく とおく』 - YouTube

 

 

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)