読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにひとつ手には持たないが、期待に心はずませて 旅路にのぼる

f:id:mind1118:20120720221247j:image

        • -

 彼方へ 何をたずさえて行くのかと、たずねてくださるな。わたしは なにひとつ手には持たないが、期待に心はずませて 旅路にのぼる。


(R・タゴール『ギタンジャリ』「九四」139頁、森本達雄 訳注、第三文明社、レグルス文庫209)

        • -


試験前日。

ちょうど1年前のブログを読み返してみましたが、今も心境はあの頃とほぼ同じような思いです。

が、今回は2回目なので、初めての時のような不安感とドキドキ感はありません。

昨年とはまた違った不安感とドキドキ感。

4月から講師として初めて小学校現場に飛び込み。担任として、自分のクラスのことで頭がいっぱいで、試験勉強どころではありませんでした。「いやー、担任だから勉強する時間ないよねー」というのは、落ちたときの言い訳にしか聞こえない。同じような環境で合格を勝ち取る人もいるでしょう。

今の自分の持っているものすべてを試験会場においてこよう。


ギタンジャリ (レグルス文庫)

ギタンジャリ (レグルス文庫)