読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人からよく思われたいとか、自分の値より以上に高く評価されたいとか、いう考えがあればこそおじけづくのである。

教育実習 教養
        • -

 要するに人からよく思われたいとか、自分の値より以上に高く評価されたいとか、いう考えがあればこそおじけづくのである。自己の値を真価だけしか発表せぬとしたなら、少しもおじけることはない。また、たとえ真価以上に発表し得たとしても、それは到底永続しない。いわゆる、付け刃ははげやすいものである。しかるに、世間にはその実体を見ないで、実物ならぬ影を、敵とするものが多い。実体を放棄して影法師を打っても、何の効もない。
 ゆえに克つべきものはおじけそのものでなく、さらに一段と奥深く潜んでおる欲なり広義における色気なりである。これを矯正し得たならば、その結果たるおじけなどは、自然消えてしまう。ちょうど顔や体の構造に、それぞれ違いがあるごとく、心的構成にも先天的差異がある。この差異は必ずしも倫理的標準で計るべき善悪の差ではなく、むしろ養成すべき個人性であることが多い。人の顔を必ずしもことごとく丸くする必要はないのみならず、かえって面長の者もある方がよいと同然、各自の性質にも他人の害にならぬ、特殊の遺伝性などは、強いてこれに打ち勝つ必要もなかろうと思う。各自の衷心において邪がない以上は、個性のくせなどはどうでもよいじゃなかろうか。薪庵某の戯作に、
   天性の足こそよこに月夜蟹
      心は清き水にこそすめ
 外見よりすれば、真の原因らしく見えることも、よく研究すると、第二位第三位の原因であることが多い。よく究めて敵である第一位の原因を発見し、これに打ち勝つことを心がけ、もって悪性の根治に努めたい。


新渡戸稲造『修養』タチバナ教養文庫

        • -


こんにちは。
お久しぶりですw

しばらく放置しておりスンマソ;

やたら忙しいですw

「忙しい」という言葉はあまり使いたくないのですが、
忙しさに振り回されて、大切な「心」を「忘」れたくないですね。
自分の人生ですので、自分で舵取りをやっていきたいです。


さて、今年は、教育実習をひかえております。
先日、教育実習の事前講義の許可証が届きました。

来週、17日に名古屋へ行ってきます。

いよいよって感じで、
不安ありーの、緊張しーの、
自分に負けそうになりますが…;

ここは一つ、腹をくくって、ありのままの自分で勝負していきます。

許可証と一緒に、教育実習の手引きも同封されていて、
そこには、教育実習の意義と心構えや、学習指導案の書き方例など、教育実習に向けて熟読すべきことが書かれています。
しっかりと学び、実習に臨みたいと思います!


背伸びをして、自分をよく見せようとすると失敗するし、
子ども達にもうまく接することができないと思います。
自分の長所も短所もさらけ出し、あまり深く考えずに子ども達と接することが大切だと思います。

失敗は当たり前、
というか、失敗を失敗で終わらせない!
ボクは、貪欲に学ぶことを心がけていこうと決心しています。


人からよく思われたいとか、自分の値より以上に高く評価されたいとか、そーゆー考えをなくせば、ありのままの自分でいられるし、それでなんら問題はないと思う今日この頃…。