読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男児志をたてて郷関を出づ 学もし成らずんば死すともかへらず

f:id:mind1118:20130415132819j:plain

 

-----

 

 兄の権平が、門わきに立ち、

「竜馬、まはや、往け」

 と命じ、はかまの前ヒモに両掌をさし入れて、朗々と当時流行の詩を吟じまじめた。権平は不器用な男だが、声だけはいい。

 

  男児志をたてて郷関を出づ

  学もし成らずんば死すともかへらず

 

 竜馬は、背負袋を左肩からかけ、錦の袋に入れた竹刀を右肩にかつぎ、ツバもとから重い防具をつりさげ、ゆっくりと足をふみだした。

 

 

司馬遼太郎竜馬がゆく(一)』「門出の花」24頁、文春文庫)

 

-----

 

 

教科書がどっさりと入った段ボールが大学から届きました。

大量のレポート用紙と共に・・・。

 

いよいよ中・高の免許状取得のための勉強が始まります。

スクーリングの計画も立てて、一つひとつ単位を取っていきます。

楽しみですね~。

 

小学校の講師の仕事と、教員採用試験の勉強と、通信教育の勉強の3つの柱をバランスよくこなしていくのは、大変なことですが、これも訓練。

もっともっと自分を成長させよう。

今しかできないことを大切に。

 

 

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)